本文へ移動

新型コロナウイルス感染症について

令和3年8月22日

 

関 係 各 位

社会福祉法人小榊アスカ福祉会

理事長  吉田芳男

 

当法人における新型コロナウイルス感染症の発生について(第一報)

 

 

時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。


表題の件、小榊アスカ福祉会が長崎市から業務委託を受けています小榊児童クラブにおきまして、8月22日に 1人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。


現在、小榊児童クラブに登録されているお子様とそのご家族、関係職員に対して体調不良等の確認を行う準備を進めており、使用施設につきましても専門業者に消毒の依頼を行っているところです。


今後の対応につきましては保健所および長崎市と協議したうえで改めてホームページにてご報告させていただきます。


皆様方には大変なご心配をおかけしますがご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症について(第2報)

令和3年8月23日

関 係 各 位

 

社会福祉法人小榊アスカ福祉会

理事長  吉田芳男

 

当法人における新型コロナウイルス感染症の発生について(第二報)


 

 8月22日にホームページにて「当法人における新型コロナウイルス感染症の発生について(第一報)」を報告させていただきましたがその後の状況についてお知らせいたします。


小榊児童クラブが使用している施設に関しましては感染が確認された8月22日のうちに専門業者に依頼して施設内の消毒を行いました。


陽性が確認された方との接触者は小榊児童クラブに勤務する職員13人と児童9人が該当となり、本日8月23日の午前中にPCR検査を行いました。


今後の運営に関しましては感染拡大状況により変更があるかもしれませんが当面の間、小榊児童クラブはお休みとさせていただきます。ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。


なお、小榊アスカ福祉会が運営する高齢者介護施設につきましては小榊児童クラブとは場所が離れており職員も兼務しておりませんので通常の営業となっています。

新型コロナウイルス感染症について(第3報)

令和3年8月24日

 

関 係 各 位

社会福祉法人小榊アスカ福祉会

理事長  吉田芳男

 

当法人における新型コロナウイルス感染症の発生について(第三報)


 

この度の新型コロナウイルス感染症への対応につきまして大変なご心配とご不便をおかけしています。

 

さて、第二報にて報告した通り8月23日に小榊児童クラブ関係者22人に対してPCR検査が行われた結果、職員1人から新たに陽性が確認されたとの連絡が保健所から届きました。また、この結果を受けまして今後PCR検査の対象範囲を広げるとの連絡を保健所より受けている状況です。検査対象人数と検査結果に関しましては追ってホームページにてご報告いたします。          

また小榊児童クラブの開所時期に関しましては長崎市と協議中ですのでこの件に関しましても改めてご報告いたします。

 

引き続き関係者の体調確認を行い、感染拡大防止に努めてまいりますのでご協力をお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症について(第4報)

令和3年8月24日

 

関 係 各 位

社会福祉法人小榊アスカ福祉会

理事長  吉田芳男

 

当法人における新型コロナウイルス感染症の発生について(第四報)

 

 

第三報からの進展状況をお伝えします。

 

 小榊児童クラブにて二人目の陽性が確認されたことで保健所より新たに四人の職員に対して明日8月25日にPCR検査場での検査指示が出ました。

 

小榊児童クラブの開所時期に関しましては長崎市こどもみらい課と現在も協議中です。ご利用されている方々には大変なご迷惑をおかけいたしておりますが安全な環境で子供さんをお迎えしたいと思っておりますのでもうしばらくお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症について(第5報)

令和3年8月26日

 

関 係 各 位

社会福祉法人小榊アスカ福祉会

理事長  吉田芳男

 

当法人における新型コロナウイルス感染症の発生について(第五報)

 

 

8月25日にPCR検査場で4人の職員が検査を行った結果、本日8月26日に全員陰性との報告がありました。

 

この結果に伴い小榊児童クラブは長崎市こどもみらい課からの要請を受けて8月27日から再開することになりました。ただし発症までの潜伏期間を考慮しますとまだまだ安心できる状況ではないと考えられますのでしばらくの間は児童の受入れ人数を制限して稼働したいと思います。従いましてご自宅での見守りができるご家庭におかれましては児童クラブのご利用をしばらくの間控えていただくようご協力をお願い申し上げます。

 

若年者への感染拡大が懸念される中、小榊児童クラブにおきましても体温測定、手洗い、換気、3密の回避、定期的な消毒作業など感染予防に努めてまいりましたが、あらためて新型コロナウイルス症感染予防の難しさを痛感しているところです。これからも引き続き感染予防対策に努め、地域の皆様が安心して子供を育てられる環境作りのお手伝いをしていきますのでよろしくお願いします。

新型コロナウイルス感染症について(第6報)

令和3年9月1日

 

関 係 各 位

社会福祉法人小榊アスカ福祉会

理事長  吉田芳男

 

当法人における新型コロナウイルス感染症の発生について(第六報)

 

日ごろから大変お世話になっております。今日から小榊小学校も二学期が始まりました。アスカ会の前にも朝からたくさんの子供さんたちが元気に登校していました。

 

さて、8月22日に「当法人における新型コロナウイルス感染症の発生について(第一報)」にて小榊児童クラブで新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認された件の本日までの状況についてご報告いたします。

8月24日に2人目の陽性者が確認され、療養生活を終えてからは小榊アスカ福祉会の新型コロナウイルス感染症に関する規定に則って対応いたしております。また、小榊児童クラブは8月27日から利用人数の制限をお願いして再開していましたが、感染拡大は今のところ確認できていませんので本日から通常の運営に戻して児童を受け入れることにいたしました。

県独自の緊急事態宣言と長崎市にはまん延防止等重点措置が発令されている状況ですが、地域の子供たちが安全に楽しく利用できる施設としての役割を果たしていきます。

今後も新たな感染が確認されたときは速やかに情報を開示し皆様方のご不安を減らせるように努めてまいります。この度の新型コロナウイルス感染症への対応にご協力いただきありがとうございました。

 小榊アスカ福祉会創立17周年によせて(令和2年7月22日)

 
 この度、小榊アスカ福祉会は法人設立17年目を迎えることが出来ました。これもひとえに、地域を始め関係者の皆様のご支援・ご理解のおかげと、深く感謝いたしております。
 「地域でお年寄りが安心して楽しく暮らすことが出来るように全力で支援します」という法人理念を基に、認知症になっても安心して暮らしていくことができる地域作りを目指して参りました。昨年度はその活動の第一歩として、小榊小学校区にお住いの高齢者や支援を必要とする方を対象として、顔の見える関係にある地域の支援者同士が連携し「小榊小学校区見守りネットワーク」を発足する事ができました。
 これからも、お客様とそのご家族、働く職員、地域で暮らす方それぞれの「幸せ」の為に、より一層の努力を重ねて参る所存です。そして、認知症になっても安心して暮らすことが出来る地域作りのために、皆様と共に手を取り合って一歩ずつ前に進んでいきたいと思います。
社会福祉法人 小榊アスカ福祉会
役職員一同

新着情報とお知らせ

社会福祉法人小榊アスカ福祉会について

広報誌「アスカ通信」

アスカ通信 7月号
アスカ通信 8月号
アスカ通信9月号
TOPへ戻る